当院では2012年より、作業療法に、ブレインジムを取り入れたプログラム(ブレイントレーニング)を実施しています。
ブレインジムとは、フジテレビ系で放送されていたドラマ「ラスト・ホープ」で紹介されていたのをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。主人公相葉ちゃんの登場シーンで、発想力を鍛えるための運動と称して、手で反対側の膝を叩きながら足踏みしたり、親指を∞の形で動かすのを目で追ったりといったエクササイズがそれです。

 


ブレインジムとは?
ブレインジムとは簡単にいうと、その名の通り「脳(ブレイン)」を活性化させる「体操(トレーニング)」のことです。いつでも、どこでも、楽しく、簡単に行える26種類のエクササイズを用いてこころと身体のバランスを整え、その人本来の能力を発揮することで、よりよく生きることをめざすプログラムです。
心と体、右脳と左脳、大脳と中脳の統合を促進して、学習能力を向上させ、時に人生に有意義な気づきをもたらすこともあります。

教育者で脳の研究者でもあるアメリカのポール・デニッソン博士らによって教育キネオロジー(運動学)の基本プログラムとして1980年ごろに開発されました。当初は読書障害の治療を助ける補助的なものとして用いられていました。


ブレインジムのひろがり
現在では世界80ヶ国以上で医療や学校の現場で、またスポーツ選手やビジネスマンのメンタルトレーニングなど幅広い分野で活用されています。 日本には2006年と比較的最近になって協会が設立され、徐々に拡がりをみせています。

イギリスでは公立学校の授業にもとり入れられ、教師が発達障がいや学習障がいのある児童に働きかけて成果を出しています。世界では学校や教育現場で、学習の準備をするためのエクササイズとして用いられています。
ビジネス分野での能力アップやストレスケア、認知症の予防と療養、世界レベルのアスリートが本来の能力を発揮するためのツールなど、様々な分野に応用されています。一説によるとアメリカオリンピックチームのトレーナーの多くがブレインジムトレーナーのようです。


親子ブレイントレーニング ~ 子どもの心身の発達サポートプログラム!~

親子ブレイントレーニングは、「ブレインジム」のエクササイズや「ビルディングブロックアクティビティ(以下BBA)」の要素を取り入れながら、お子様の発達を促すサポートプログラムです。

 

以下のようなことでお困りのお子様を対象にしています。

 

 

お子様の苦手な動作や運動を克服することを目的に、遊びの要素を取り入れた楽しいエクササイズを紹介しています。感覚に刺激を与える遊びと共に、ブレインジムを取り入れて、親子で楽しい時間を過ごしております。そのほか、直接脳に働きかけるような“揺らし”運動や、マッサージも取り入れています。

 

開催日 毎月第2土曜日(月1回)90分程度。半年間のコースです。
対 象 小学生とその保護者
定 員 5名程度
申 込 参加ご希望の方は、主治医へご相談ください。

 

こどもの心外来について


リワークプログラムにも導入しています
ストレスケア部門として入院患者さんを対象に、1クール12週で実施しているリワーク(復職支援)プログラムにも、週1回(1時間)のブレインジムを取り入れたプログラムを導入しています。内容としては、見る・聞く・書く能力の向上、プラス思考になるバランス調整、コミュニケーション能力・実行力・洞察力を向上させるためのバランス調整のエクササイズを行います。
リワーク(復職支援)プログラムについて


スタッフも日々実践しています
当院では6名のスタッフ(医師、看護師、臨床心理士、作業療法士)が、協会インストラクターのブレインジム基礎クラスを受講いたしました。その後院内導入の取り組みとして、ブレインジムを積極的に実践しています。

  • 医局では、朝のミーティング前に基本動作である『PACE』をみんなで行っています。
  • ストレスケア病棟での朝の体操や各病棟の作業療法活動の時には、患者さんに『PACE』をやってもらっています。
  • 定期的にに開催される"虹の集い"では、院外からお越しいただいた方にも『PACE』を体験していただくことができます。



  • ブレイントレーニングに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。



    相談室はこちらから
    医療法人唐虹会
    虹と海のホスピタル
    〒847-0031 佐賀県唐津市原842-1
    唐津ICすぐそば
    アクセス方法はこちら